Mちゃん日記

はゆな花壇とお客様とのふれあいの中から感じたことの記録です。

歯医者さん    2010年8月27日

2010ゆめの 001

私、歯弱いです(泣)
小学生の時から、歯医者さん通い。。。
自分なりに分析すると、歯並びが悪く、
歯が汚れやすいのではないかと。。。
極めつけは、娘達の出産直後、奥歯が腫れて喋れなくなった時です(大泣き)
筆談で主治医の先生に訴えました。
幸い大学病院に入院していたので(早産で、双子で、極小未熟児といわれて、救急車で運ばれての出産でした)歯科口腔外科で診てもらい、すぐに手術してもらいました。
奥歯に膿がたまって大変な状態だったようです。
出産という大事業を無事終え、ほっとして出てきたのだと思います。
その時私は誓いました。
「子供達は絶対歯の丈夫な人に育てよう!」
3歳までに何でも食べさせれば、好き嫌いのない子に育つ!
ときき頑張って色々なもの食べさせたつもりです。
おかげで子供達は好き嫌いのない子です。
娘達は未熟児で生まれたので、
看護師さんから「最初からハンディがあるのだから、しっかり育ててね!」
って言われたことがずっと頭にあります。
娘達は、ほとんど歯医者さん通いはなし!
目も裸眼で、1・5!
それに比べ私は、歯医者さんは顔パス!が利くくらい。。。
目も悪い。。。
私って反面教師ですかね・・・




食用ほおずきの料理教室    2010年8月26日

2010ゆめの 002

今日は、食用ほおずきの料理教室が、
JA仙台宮城支店で開催されました。
秋保、宮城地区では、
食用ほおずきを新しい商材として取り組んでいます。
育て方、収穫と講習会があり、
今回は実際お料理としての活用です。
フードコーディネーターの早坂具美子先生に教えていただきました。
お料理教室、ワクワクします。
結婚する前ほんの少し習って以来ですから。。。
とっても為になりました。
お料理本ではつかめない、細かなことを先生の手元を見せていただきながら学べるのですから、最高です。2010ゆめの 003
・ジャム(やわらかめのコンピチュールタイプ)
・シーザーサラダ
・豚肉の煮込み
の3品を教えていただき、試食させてもらいました。
美味しかった~!
ぜひ自分でも作ってみようと思いました。
最後に、質疑応答の時間を設けてくださったのですが、
受講生の皆さんからは、質問がたくさん出ました。
皆さん台所を預かるベテラン主婦。。。
また、実際野菜を自分で育てている農家の奥様ですから。。。
新しい食材のゴーヤー、ズッキニー、コリンキー等の美味しい食べ方?
いつまでも質問が続くのでした。。。
私も、いろいろ先生にお聞きしたので、トライしようと思います。
やっぱり、「食」って大切!「食」って楽しい!




ミニ葉牡丹のポット上げ    2010年8月20日

2010-08 036

今日は、本当に久しぶりに平年の最高気温を割りました。
26.3度。快適に仕事ができます。
特に、大好きなポット上げ!
苗の出来も上々です。
ちょうど、上げごろ。
仕事は、バンバン進みました。2010-08 035
今年の葉牡丹のニューフェースは
「ピカピカ葉牡丹」、プラチナケールです。
夜でも、ピカピカ光っていて驚きました。
初めての物は楽しみ半分、どきどき半分です。
葉牡丹は、虫が付きやすいので、要注意です。
これからパンジーのポット上げ等、秋から冬用の準備が始まります。
園芸の新年度のような時期です。
がんばろっ!




老後の楽しみ    2010年8月17日

2010-08 033

午前中は、こまつな会の教室に参加しました。
お月見のうさぎを作っています。
少しづつ出来上がってくるのが楽しみです。

午後は、仙台国際ホテルで行われている2010-08 034
「真多呂人形の作品展」を見に行きました。
真多呂人形は、娘達が生まれ初節句に雛人形として購入しました。
私達としては、かなり奮発して思い切って買った記憶があります。
娘達に。。。と言いながら、実は私が一番喜んでいました。
今も優しいお顔を見ると、心が癒され穏やかな気持ちになります。
真多呂人形学院の教室もあるそうです。
将来、孫ができたら、可愛い手作りのお人形をプレゼントしたいな!
な~んて想像しながらにんまりしてしまいました。

その後、松島の花火を見に行きました。
花火、大好きの私、この夏はなんと3回目です。
忙しいお父ちゃんを強引に誘って、出かけました。
私達夫婦は、自営業なので仕事はバッチリ一緒です。
今のところ、仕事以外の楽しみはほとんどなし!
でもこれではいけない!最近つくづく思います。
私の楽しみで申し訳なかったですが、少しずつ楽しい事見つけていかないとね!

老後を考えながら、今日は3つの事に「TRY」ました。




ご先祖様    2010年8月16日

夫は、20代目だそうです。
義父は、岩手県花泉町の出身ですが、
お父さんは(夫のおじいちゃんに当たる方)、
義父が、生後6ヶ月で亡くなり、お母さんは、実家に帰られたということです。
その後、おばあちゃんに育てられ、おばあちゃんが亡くなられてからは、
おばさんに育てられ、その後、大学で仙台に来たということです。
義父は、天蓋孤独でありながら、
青春を勉学することで全うし、頑張った人だと義母から聞きました。
義父が亡くなり、10年が経ちます。
義父は、多くを語らない人でしたが、威厳のある立派な方でした。
今日は送り火、いつも義父を思い出します。

結婚当初、義母からお仏壇の掃除をしながら色々教わりました。
母は、「毎日、お花やご飯をあげるのは大変だから、無理しなくていいわよ。」
「ただ、お茶とお水だけはあげてちょうだい。」と言いました。
確かに、お仏壇に毎日ご飯をあげるとなれば、パン食はできませんので続きません。
しかし、お茶とお水なら続けられます。
私は、子供達が小学生になった時から、
お仏壇掃除は、一緒にするようにして、
お茶とお水はあげられるように教えました。
これも、続けるためにです。
家族みんなが、出来るようになっていれば安心です。
もう一つ、子供達が小学校に入った時に教えたことがあります。
「ご飯を炊く」ということです。
ハイザーのどのレバーを降ろせば、お米が何合出て、
炊飯器のどのメモリーにお水を合わせて入れるか!
まだ小さくて、椅子に乗ってお米をといでいましたが、何とかマスターしました。
お米さえ炊くことができれば、何とかなりますからね!

美味しいものや、いただき物があれば必ず、お仏壇にお供えしてから。。。
自分が今存在するのは、両親がいて、
祖父母がいて、もっと前の方々がいて。。。
こんな事を考えるのも年をとったせいかしら。。。




借りぐらしのアリエッティ    2010年8月11日

昨夜、NHK総合TVで、公開中の映画、
「借りぐらしのアリエッティ」完成までの道のりをドキュメンタリーで放送していました。
私はほとんどTVは見ないのですが、
少し見始めたら、引き込まれるように見てしまいました。
というわけで、どうしても映画館で見たくなって、早速本日行ってきました。
良かったです。
宮崎駿という神様のような大監督から、
監督に大抜擢された若き新監督「マロ」さん。
優れたアニメーターではあるけれど、
何となく不器用そうで作品に賭ける一途な職人魂みたいな物を持っている「マロ」さんの大フアンになってしまいました。
主人公のアリエッティの細やかな表情やしぐさ、動きを
とことん納得のいくまで追求して作り上げていく姿勢にこだわり以上の、人間としての暖かさを感じました。
監督はじめ、スタッフの方々の妥協を許さぬ、厳しさの積み重ねが素晴らしいものを作り出し、
観客の感動を誘うのですよね。
「物作り」ってそのものに、どれだけの心を掛けたか!が大きな尺度になると思います。

H君も大人になったのか、私とデイトしてくれました。
忘れられない映画になりそうです。




環境    2010年8月10日

今日は、帰省している息子がはゆなのお手伝いに来てくれました。
オーナーが遠くの親戚のお見舞いに行くので、
私一人なので、助っ人です。
帰ってくるとだいだいいつもお手伝いしてくれるのでありがたいことです。
今日も、温室内はかなり高温で、辛かったのですが、
息子は「そんなに暑くないよ!」と言います。
愛知県に住んでいるので、暑さには慣れているのでしょうが。。。
普段は、オフィスでの仕事ですし。。。
社会人3年目、我慢することを覚えたのでしょうか?
「暑くない!」と言われれば、
私も、「そうよね~仙台はまだましよね~」
なんて、ほとんど一日「暑い」という言葉を発せず、
いつもより頑張っちゃいました。
環境ってほんと、大切。

単純な作業をしてもらっても(単純な作業だからこそ)、その時々の精神状態がわかります。
仕事の内容を把握し、先を考えて、仕事をしているか?
何となく急ぎすぎていないか?
なんて、一応親として、精神判定しています。
はい、今日の彼は、公私共に安定!安心しました。




齋理幻夜とはるはなファーム    2010年8月7日

2010-08 008

丸森町の齋理屋敷で行われた、
「齋理幻夜」というイベントに行ってきました。
真夏の夜に催される3時間だけの特別イベント。
ということで、前々から行きたいと思っていました。
屋敷の間口は狭いのですが、中に入ってみると中は素晴らしく広く、
色々な事をやっていました。2010-08 007

開門と同時に、「雅楽」の演奏があり、聞かせていただきました。
三管二絃(雅楽の楽器はこの絃を使うそうです)三鼓の、
8つの楽器を8人の奏者で奏でられる本格的なものです。
これは、「西洋のオーケストラの元」
とも言われているという解説がありました。
無料で、このような高貴な素晴らしい 演奏を聞かせていただき、
感動しました。
大学のオーケストラで頑張っている娘にきかせてあげたいと思いました。
中庭では、ジャズコンサート、ジャグリングなど色々やってました。
1000基の絵灯篭は、圧巻で、可愛い子供たちの手作りがほほえましく暖かかったです。
「幻夜」ネーミング通りのノスタルジックな感じでステキな時間が過ごせました。

齋理屋敷のイベント前に、「はるはなファーム」にお邪魔しました。2010-08 006
お忙しいなか、オーナーにいろいろハウス内を見せていただきました。
同業者として、「今年の暑さはひどいね~」が
ついつい口をついで出てしまいます。
しかし、広い圃場をきちんと管理し、
頑張っておられる若き経営者にはいつも感心しています。
お互いに頑張りましょう。

齋理幻夜のイベントは早めに見終え、
はゆな~イオンへと本日の仕事の閉めをしました。
暑さが続く毎日は、早朝出勤から始まるので、1日が長いこと、長いこと。。。

イベント開催中に、伊具高校の新聞部が「幻夜新聞」を発行するそうです。
心残りは、この新聞を購読できなかったこと。。。残念!




大人のための花火講座&七夕花火    2010年8月5日

今日は、片平市民センターで
「大人のための花火講座」が開催され、参加しました。
とにかく、花火大好きの私、ワクワクして参加しました。
講師は、”花火鑑賞士”の方で、
ITコーディネーター!というデジタルなお仕事ながら、
趣味は、花火鑑賞という、アナログな面を持っていらっしゃる男性です。
色々なこと教えていただき、本当に為になり、花火の奥深さを益々感じました。
素晴らしい映像、最新の花火もたくさんみせていただき、すごく得した気分です(ムフフ・・)
講座は、14時~17時まであり、
その後、18時から、お部屋を開放して下さいました。
今日も仙台は夜になっても暑くて、暑くて。。。
なのに、私たちは冷房の効いた涼しいお部屋で、
ゆっくり花火を見る事が出来て、最高でした。
館長は、カウントダウンまでして、サービス精神旺盛な優しい方。。。
視界を遮る笹の木を、「来年は切って、七夕飾りに使いましょう。」
ですって。。。
本当にお世話になりました。
ありがとうございました。
感謝!感謝!




ど根性・ナツツタ    2010年8月3日

2010-07 075

暑さにも負けず、植物達は元気に育っています。
極めつけは、この「ナツツタ」です。
はゆなの休憩小屋の屋根から、
隙間を狙って進入し、垂れ下がっています。
信じられない事実です。
1鉢のナツツタを休憩小屋の脇に置いていたら、
小屋の壁面に這っていき、ドンドンドンドン増えていき、
小屋はツタに覆われていました。
それでもまだ伸びていき・・・遂に、部屋の中まで・・・
今年、こんなに暑くなると思わず、小屋に絡み過ぎたツタを剥がしたとたんこの暑さです。
ツタがあれば、部屋の中の温度はもう少し抑えられたでしょう(泣)
早まった~!
阪神甲子園球場と同じ「ナツツタ」
断熱効果もあり、紅葉も綺麗で優れものだよね。
ど根性「ナツツタ」切れなくて・・・インテリアグリーンにしてます(苦笑)
ちなみに、小屋は雨漏りしませんよ!




カレンダ
8月 2010
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031EC



月刊アーカイブ
  • 2014年6月
  • 2014年2月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月