Mちゃん日記

はゆな花壇とお客様とのふれあいの中から感じたことの記録です。

福島・会津の旅    2010年9月28日

2010-09 069

今日は、Uスーパーのキャンペーンに応募していた
バス旅に当選したということで、
福島・会津の旅に参加してきました。
くじ運が大変悪い私ですが、
このスーパーの企画キャンペーンでは昨年も当たり、
楽天の試合観戦をさせていただきました。
相性が良いのか?応募者が少なかったのか?
いずれにせよ、雨にも関わらず喜んでお出かけしました。
6時過ぎの集合で、21時頃の帰着。
1日フルのぎっしり内容の詰まった旅でした。
・タカギミンクの、モード館見学
・磐梯郡山店でのやんちゃ豚セイロ蒸し御膳の昼食
・世界のガラス館見学
・会津酒造歴史館見学
・大内宿見学
・芦の牧温泉入浴
本当に盛りたくさんの充実した内容で楽しかったです。
また、今日の旅行の参加者はほとんど面識のない方ばかりでした。
お隣の座席の方とも初対面。。。
でも、とても気さくな方で、旧知の友のように話がはずみ楽しかったです。
袖すりあうも他生の縁。
「一期一会」大切な出会いに感謝!




秋植え球根    2010年9月26日

2010-09 068

今日は秋植え球根の植え付けをしました。
・貝母(ばいも)ゆり、ミニフリチラリア
・シラー・イングリッシュブルーベル
・スノードロップ・ガランサス・エルウイシー
・オーニソガラム・ヌータンス
開花時の花の大きさ、色を考え、鉢の大きさや、色を決めています。
(私はそういう先のことは考えられませんが、オーナーから指導が入りました。)
秋植え球根といえば、チューリップや水仙、ムスカリなどが一般的ですが、
今日私が植えつけたような球根も、ちょっと渋めですが中々素敵ですよ。
来年の早春の花展に向けて、オーナーは色々試行錯誤しています。
どうぞ、上手くいきますように。。。




彼岸花    

2010-09 066

我が家のお庭に咲いている「彼岸花」です。
スタンダードな赤色とクリーム色があります。
クリーム色は、アルバという品種らしく、
お父ちゃんが学生の時買い求めたようです。
毎年毎年必ず几帳面に咲いてくれます。
彼岸花は、「まんじゅしゃげ」とも言われますね。
たくさんの呼び名がある花らしいです。
私の実家(滋賀)では、「さんまい花」といわれ、忌み嫌われるはなです。2010-09 067
「さんまい」というのはお墓のことで、お墓への道しるべのように、
田んぼのあぜ道に、それは綺麗に咲くのです。
先日、彼岸花のことを、「さんまい花」と言われているということを聞き、
お仲間がいるようで嬉しかったです(三重県四日市市の方)
私は、このはなに強い思い出があります。
私は小さい時、姉とよく写生をしました。
野にある花を摘んできては、花瓶に生けて二人で描きます。
以前から、彼岸花は形が複雑で面白くて、綺麗~!
と思っていたので、いっぱいあるからいっぱいとってこようと、
二人で抱え込んで持って帰りました。
花瓶に入れよう。。。と入れ物を捜していると。。。
「誰だ~(怒)」とおじいちゃんの声。
何を怒られているのかわからない私達に、
「この花は縁起の悪い花だから、家に入れてはいけないんだよ。」
と教えてくれました。
ところが・・・
ところ変われば、変わるもので、
お父ちゃんはわざわざ、通販で彼岸花を購入し、自宅のお庭に植えているのです。
私は最初、超驚きました。
おじいちゃんが見たらなんというかしら!




森のおくりもの    2010年9月25日

気温が急降下!日暮れも早くなり寒くなってきましたね。
毎日、地味に、地道に作業を進めています。
パンジーやビオラもスペーシングし、追肥もしてあげました。
挿し芽もしました。
この暑い夏にも負けず、頑張って咲いていた花や、スタンダードリーフ、
お客様に受けそうなものや、紹介したいもの中心に繁殖しようと思います。2010-09 063

今日は、帰り足に、みちのく公園に寄りました。
公園では今、COKOフェスタをやっています。
コスモス&コキアでCOKOフェスタだそうです。
コスモスは「レモンブライト」という
黄花コスモスが素晴らしく咲き誇っていました。
ピンク系のコスモスはこれから開花するようです。
はゆなで施工させてもらった花畑休憩所前の
経過観察&メンテナンスが目的です。
「森のおくりもの」というタイトルで、オーナーがデザインしました。
りす達がキノコの中を飛び回っている感じです。
私も、トピアリーのりすさんや、きのこちゃん作りのお手伝いをしたのですが、
施工には連れて行ってもらえなかったので(泣)、初めて現場を見ました。
トピアリーのロニセラの新芽が出て可愛らしくなっていたので安心しました。
ベゴニアの花をりすの髪飾りにしたのは誰でしょう?
可愛いですね~!




十五夜    2010年9月22日

2010-09 049

今日は十五夜です。
しかし、あいにくのお天気でお月見はできません(泣)
仙台はすっかり秋めいてきました。
午後からは肌寒いほどでした。

お部屋の中で、お月見気分。。。
私が作った、月のうさぎと、お供えのおだんご、栗、
コスモスの花、すすきも手作りです。
なかなか可愛いでしょ!
自画自賛!




ほおずきのジャム    2010年9月20日

2010-09 0462010-09

2010-09 047

食用ほおずきのジャムを作りました。
試作用にいただいた4本の食用ほおずきの苗を育てていました。
はゆなは畑がないので、鉢植えです。
かなり大きくなりましたが、鉢植えでは限界があり、
ハウスも狭くなってきたので、そろそろ成り終わりです。
収穫、580グラムでした(少ない~涙)
先日の講習会でお習いした通り、ジャムにしました。
その通りの味になり、とてもフルーティーな香りです。
先生は、東京のTパティシエのほおずきジャムは超高価だとおっしゃっていました。
う~ん、納得!
たった2瓶になってしまいました。
私が今まで作ったジャムは。。。
いちご、梅(梅酒の実から)、ルバーブ、トマト、ほおずき。
甘いもの好きだし、ジャム作り楽しい~
ルバーブも鉢植えで育てています。
楽しみだな~!




シルバーWEEK    

2010-09 048

「敬老の日」って何か年寄り扱いしてるみたいで、
言いにくいですよね。
義母は、81歳になりますが、
まだ現役でお仕事もしているし、頭も体もシャキシャキです。
でも尊敬の念も込めて、本日一緒にお食事しました。
娘が、お掃除、お料理の準備、かたずけ、
義母の送迎までぜ~んぶしてくれました。
私はケーキ買ってきて、すべて準備出来た所に帰ってきて、
母とお話して、
「美味しいね~」って一緒にシルバーになってました(笑)
娘のすごいところは、有り合わせでもちゃんと作れるところ!
栄養のバランスも考え、
量は適量で余らせず、足りなくもない、
さすがに「食」を学んでる学生です。
今朝、お墓参りした時「おばあちゃんて可愛い~」
「昨日、送って行ったらね、車から降りる時「ピース」していくんだよ!」
って言ってました。
その情景目に浮かぶようで、二人とも超可愛い~!




悪人・大切な人    2010年9月16日

今晩、「悪人」を観てきました。
モントリオール映画祭で、
ヒロインを演じた深津絵里さんが最優秀女優賞を受賞した作品です。
「フカッチャン」ファンのお父ちゃんと本当に久しぶりに映画を観ました。
なかなか奥深い、重いストーリーでした。。。
色々なこと考えさせられる映画でした。
スクリーンでも勿論感動しましたが、原作をじっくり読んでみたくなりました。
人の心の深さ、本音、優しさ、醜さ、縁、タイミング。。。
人の人生って色々な事が絡み合って、過ぎていきます。
皆それぞれ大切な人がいる、大切な人を守っていく!
当たり前のようで、当たり前のことをしていくのが難しい時代になっているのかもしれません。

「私には、大切な人がいます」と、はっきり言える私はやはり幸せ者です。




加工用トマト    2010年9月14日

2010-09 020

はゆなで育てているトマトを使って、ジャムを作りました。
パスタと、レッドシェフという加工用の品種です。
トマトは、フリージングして皮をむきました。
湯むきするより簡単にできると教えてもらったのでやってみました。
確かに湯むきよりらくにできました。
トマトジャムは、初めて作りましたが、なかなか美味です。
コンピチュールタイプの柔らかめのジャムですので、
ヨーグルトソースやパンケーキ等に合いそうです。
種から育てたトマト、思い入れも愛着もあります。
2010-09 018
こちらはオムレツにトマトソースを作ってのせてみました。
トマト、ナス、ピーマンをサイコロに切って炒め、
白ワインでソースを作ってみました。
さすがにナス科の仲間達、相性ばつぐんでなかなかいけます。2010-09 019

これはフランスパンの上にトマト、バジル、チーズをのせてピザ風に焼きました。これもなかなか美味しかったです。

この夏は暑すぎて、トマトの収穫あまり良くなかったです。
実が割れたり、腐ったり。。。
加工用トマトは、初めて作ったのですが、
比較的よくできました。実割れや腐るということがありません。
でも、直売所ではほとんど売れません(大泣)
加工用トマトの使い方、私がやってみなきゃ。。。と思いながら、やっと本日ジャムができました。
ジャムも、トマトソースも、ピザパン風も簡単に出来て、美味しいです。
私のような、料理下手でもできますよ!




トイレの神様    2010年9月13日

植村花菜というシンガーソングライター著書の
「トイレの神様」という本を読みました。
ラジオから流れてきたこの曲を聴いたときとても驚きました。
私よりかなり若い女性が歌っているのですが、
私が小さい時、おじいちゃんから聞かされていたのと同じことを
彼女はおばあちゃんから聞かされそれを歌にしたのです。
一度しか聴いたことがないのですが、強く心に残りもう一度聴きたいとずっと思っています。
そんな折、高速バスに乗る前本屋さんでこの本に出会い、即購入しました。
予想通り、読みやすく一気に読みました。
私が小さい時言われていたのと同じ、「トイレを綺麗にしていたら、べっぴんさんになれる」
そう信じて、トイレ掃除だけは頑張ってきた女の子なのです。
「べっぴんさん」美人さんよりもっと、もっと極上の女性、
心身ともに美しい人、それが私の「べっぴんさん」感です。
本を読みながら、小さかった時のことや、
おじいちゃん、おばあちゃんのことを思い出しました。
私はおじいちゃん子で、字や勉強をおじいちゃんに教えてもらいました。
おじいちゃんの部屋には机の上にいつも筆が置いていて、
おじいちゃんはかなり達筆で、さらさらと書き物をしていました。
私が遊びに行こうとすると、「勉強は?」と必ず聞きます。
「もう終わった」と言うと、「勉強に終わりはない!」必ずそう言います。
とてもおもしろくて、尊敬できるおじいちゃんでした。
最近特に、家族のことや、昔のことを思います。
大切な家族、大切なみんな。。。




カレンダ
9月 2010
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930EC



月刊アーカイブ
  • 2014年6月
  • 2014年2月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月