Mちゃん日記

はゆな花壇とお客様とのふれあいの中から感じたことの記録です。

習慣    2011年5月30日

今日は大雨で肌寒くてひどいですね。
被災地は地盤も緩く、浸水もしているし心配です。
私は今日、在宅で事務仕事や片付けをしています。
月末だし、いろいろ出かけなければならないのですが、
少しでも小降りになるのを待っていますが、一向に雨脚は弱まりません。

片付けをしていたら、こんな物出てきました。2011-05 049
私がずっと付けている、自己管理表です。
体重と、体脂肪を毎日入浴後に記入している表です。
2006年のお誕生日に体脂肪計をプレゼントにいただいてから続けています。
当時、体重の上昇がすごく気になっていました。
そんな時、「常に自分の体重が何キロあるか自覚することが一番大切!」
と、何かで読み、妙に納得して始めました。
脱衣場のカレンダーの陰に4ヶ月記入できるこの表をつけています。
しつこい性格なので、こんなことはなんだかず~っと続いています。
震災では私もちょっぴり痩せました。
食べ物がなかったし、精神的にもかなりまいったので。。。
しかし。。。反動がでてきたのか、最近上昇傾向です。
やばい!
私の辞書には、「夏痩せ!」という言葉はないので、要注意です。
最近、食事ができることにすごく感謝して、ついつい食べ過ぎてしまいます。
はゆなでは、10時、12時、15時は時間を守り休憩します。
もちろんおやつ付、これが楽しみ。。。
小さな喜びですが、仕事を効率良く行うには大切なひとときなのです。
この5年間、緩やかなウエーブを描いている私の自己管理表です。
これから大きな山が出来ない様に、精進します。




準備と片付け    2011年5月27日

今日は、明日の講習会と植栽のお花苗の準備をしました。
ひとつひとつ苗の状態を確認しながら、手入れしていきます。
手入れは、苗の健康診断のようなものです。
手入れは、面倒ですが、まめにしっかりしていれば、丈夫でよい物ができます。
明日はGSCの講習会です。
花を勉強していらっしゃるお花好きの方々のセレクト講習会です。
ちょっと珍しい物などを取り入れ、多品種少量づつで準備しました。
皆さんが一番喜んで下さるような準備を心掛けました。

どんな事でも準備をしっかりしておけば本番はうまくいきます。
演劇、演奏会、スポーツなどは、練習という長い長い準備期間があります。
お料理なども、材料を揃え、調理をするのに時間がかかりますが、
食事時間は、あっという間に終わります。
準備時間が長いのですから、準備は大切で、大変だけれどしっかりやらないといけません。
また、片付けもしっかりして次の仕事にうまく繋がるようにしなければいけません。

「段取り八部!」いつも言われている言葉です。
準備も片付けもいつまで経っても、段取り良くできなくて、苦手な私ですが、
震災後、お花の手入れをしている時は夢中になれて幸せです。




東京からのお客様    2011年5月24日

2011-05 032

今日、東京から大学生が3人来られました。
ゼミで、「被災地で育てられた花を、
自分達のフィールドに持ち帰り育てることによって、
被災地を思い、この震災を記録として残す。。。」
という感じの内容で、宮城に来られました。
宮城県に花の生産者を尋ねたら、
はゆな花壇を紹介されたそうで、事前に依頼があり、
本日の来園となりました。
東京から来た大学生、というものの、
3人の内2人は関西出身だそうで、まるっきり話し方が関西弁!
いつもは、東北弁から標準語(?)の私ですが、
ついつい関西弁に戻ってしまってなんだか懐かしいひと時を過ごしました。

オーナーはいろいろな方からのお願い事はだいたい引き受けます。
忙しい時でも、面倒なことでも、直接仕事に結びつきそうに無いことでも。。。
いつも私は、本当に人が良いんだから。。。
って思います。
でも、依頼ごとが完了するとなんかスッキリします。
今日も、若者達に接することにより、パワーいただきました。
まだ2年生という彼らは、とても初々しくて、素直な優しい目をしていました。
若いっていいな~、ガンバレ~、
午後は被災地を見てその後、バスで帰るそうです。
あなた達の目でしっかり現状を観察して、今後に生かして下さい。
若いあなた達が未来を作っていくのですから、宜しくお願いします。




植物の力    2011年5月21日

2011-05 031

はゆな花壇の休憩小屋です。
「ナツツタ」が茂ってきました。
コミニュケーションルームは震災で傾いてしまい、
使用不可能になりましたが、
この小さい小屋はしっかり建っています。
オーナーが「ナツツタ」のおかげかも?!と、言ってます。
確かに、小屋の中はメチャメチャですが、
ツタが覆いかぶさり、地面と建物を繋ぎ止め、
守ってくれたのかもしれません。
ツタの力は強力で、部屋の中にも侵入するぐらいです。
ツタは、断熱効果があり、冬暖かく、夏涼しく最高にエコな優れものです。

はゆなでは今までたくさんのつる性植物を育てています。
最近は、エコ、節電対策に「緑のカーテン」が話題になっていますが、
話題になるずっと以前から取り組んでいました。
つる性植物の女王といわれる「クレマチス」もたくさんの品種を育てています。
今年は、園芸センターが震災で被害甚大なので、
準備していたクレマチスちゃん達が、晴れ舞台に上壇できず残念でたまりません。
つる植物は、手がかかります。
朝顔、ゴーヤー、などのメジャーな物は、苗の販売が可能ですが、
珍しい物は、つるを伸ばし開花するまで仕立てなければ、
お客様に良さをわかってもらえません。
つるは、すぐに伸びて、隣同士が絡まりあうので、
毎日観察して、人間が手を掛けてあげないと大変なことになります。
アサリナ、風船カズラ、ミナ・ロバータ、カナリークリーパー、ルコウソウ、トケイソウ、ホップ。。。
ちょっと珍しくて、可愛いつる性植物達、やっぱり夏にはいいですよね~




ルバーブジャム    2011年5月18日

2011-05 025

2011-05 026

はゆなで育てているルバーブでジャム作りました。
2年前、Kさんがイベントでルバーブを販売していました。
初めて見る野菜なので、「これなあに?」って質問すると、
ジャムの作り方を教えてくれました。
すぐ作ってみると、簡単に、私にも美味しく作れました。
私好みの味で、輸入食品で買った物と同じ味に簡単に作れます。
ルバーブを育ててみたいとずっと思っていました。
ホームセンターのハーブ売り場で見つけ、2株育てました。
今年は、オーナーが種から育ててくれてます(嬉)
このルバーブは、去年からの物です。
はゆなは畑が無いので、鉢植えで冬を越し、太い軸に育っています。
食物繊維も豊富で、爽やかな酸味が気に入ってます。
パンにも、ヨーグルトにも良く合います。
これから暖かくなってくると、朝食がパン食の比率が高くなるので、重宝します。

先日こんなお話聞きました。
秋保には、全国から支援に来てくださっている警察の関係者がたくさん宿泊されています。
その出動を毎日見送っていたおばちゃんがいました。
ある日、車を止めて、警察官が降りてこられました。
「おばちゃん、毎日ありがとうね。
もう少しで、任務終わって帰ります。」
おばちゃんはすごく驚いたそうです。
警察の方々は、毎日見送ってくれるおばちゃんを見て、
ふるさとのお母さんやおばあちゃんを思い出し、一日の活力にしていたかもしれません。
被災地は、全国の方々の支援が本当にありがたく、感謝の気持ちでいっぱいです。
私は毎日対向車として、支援の車に会釈をしています。
みんな感謝しています。
でも、その気持ちをどうして表したらいいか!難しいです。
おばちゃんは毎日早起きして毎日見送っていました。
お互いの気持ちが通じていたのでしょう。
「年寄りに出来る事は、こんなことぐらいなんだ。。。」
おばちゃんはいとも簡単にいうけれど、すごいことです。
自分に出来る事、必ずあるはず!
ハートのある人は、ハートのある人を呼ぶのです。
素敵な話に、またまたジ~ンときました。




スタート!    2011年5月16日

今日から長女の研修が始まりました。
震災で東北の研修所が使えないので、東京の研修所になります。
期間も、1ヶ月半が4週間に短縮されました。
すでに現場で実践で仕事をしていますが、
ある程度、世の中が落ち着いてきたので、
きちんとした研修が受けられるようになり良かったです。
今春、卒業し社会人になった娘達は、
この震災で、卒業式も、入社式もありませんでした。
お楽しみの卒業旅行や、お買い物、楽しみにしていたこと全部できませんでした。
みんな一緒だから。。。仕方が無いよ。。。我慢我慢。。。贅沢は言っていられない。。。
が口癖になってしまいました。
卒業式の袴も選び、卒業パーティーの衣装も準備し、
楽しみにしていたのに。。。
人生の節目に、こんな大きな災害に見舞われたのだから、仕方ない。。。
震災直後、末娘が言った言葉が忘れられません。
「お母さん、私の卒業式に来てね。賞状もらう人になったし!」
我が家は双子の娘達の上に3歳上の兄がいて、
小学校の授業参観も、3人掛け持ちでした。
45分をいかに効率よく平等に見るか!私の課題でした。
Nはなんでも遠慮する子で、「お母さん大変だから、わたしの所は来なくていい!」
いつもそういう子が、停電で真っ暗な時、
初めて「卒業式、必ず来てね」って言ったのですから嬉しかったです。
しかし、卒業式は中止になり、幻の卒業式となりました。
私には娘達の社会人としてのスタートは特別なものがあります。

震災を経験した子ども達、
辛い思い、悲しい思いをいっぱいした子ども達、
そんな子ども達のことを思うと胸が張り裂けそうになります。
でも、そんな子ども達が、
一生懸命前向きに行動している姿に胸が熱くなります。
避難所で「ファイト新聞」を作っている子。。。
大きくなったら、避難所でボランティアをしたいという子。。。
絶対自分のふるさとを元どうりにする、という子。。。
力強い!頑張ろう!
震災後、社会に貢献する、人の為になる、という事を強く感じるようになりました。
子ども達も、自分の好きなことを仕事にしてくれればいい。と思っていました。
でも、仕事って自分も満足し、
社会にも貢献してないと本当の満足は得られないと思います。
娘達は非常時からのスタートで、研修生、若葉マークは認められないようで、
毎日が試練、勉強、忍耐、我慢のようです。
でもね、そういう環境が自分を成長させているんだよ。
本当に大変な時の社会人第一歩、スタートだけど、
自分達が未来を築いていく、あなた達若者の手にかかっているんだよ!
特に私達の地域は、震災の辛さも味わったけど、
沿岸部の方たちに比べたら、幸せ、
被災地の方たちの気持ちに寄り添いながら、頑張っていかないね。

集中して、研修を受け、社会のお役に立つ一人前になって下さい。




大震災から2ヶ月が経ちました    2011年5月12日

2011-05 011

大震災から2ヶ月が経ちました。
あの日、あの時を境にそれまでの生活とは全く違った暮らし、
人生を送ることになった、たくさんの人達がいます。

今朝、娘が、「3・11、9・11(アメリカの同時多発テロ)、
11というのは、悪いことがある日だ。。
そして、今日5・11は私の誕生日。
何も悪いことが起こりませんように。。。」なんて、言ってました。
今年の彼女達のお誕生日、これからのお誕生日、
きちんとケジメとしてお祝いしたいと、ケーキを買ってきました。

大震災を境に、当たり前のことが、普通にできることに感謝するようになりました。
スイッチを押せば電気が付く。
蛇口をひねれば水が出る。
コックをひねれば、ガスが出て、お風呂に入れる。
ガソリンスタンドでは満タン給油ができる。
スーパーの陳列棚には商品がたくさん並べられている。
今までなら、普通のことが、本当は、みんなの努力で支えられている。。。
つくづくありがたいとおもいます。
震災を境に、命の大切さ、お互いを思いやる気持ち、感謝の気持ち、
今生きていることの大切さを、毎日しっかり感じながら生きています。

「希望に起き、努力で過ごし、感謝に眠る。」
ある被災者の方の言葉です。
深い言葉に、ジ~ンときました。




八重咲きペチュニア    2011年5月5日

2011-05

ペチュニア・Wカスケードオーキッドミスト(ピンク)と
ペチュニア・F1ソナタ(ホワイト)が咲き始めました。
昨年も育てた品種です。
なかなか人気物です。
私も大好きなお花です。
輪形は、10cm以上あり、八重咲きでゴージャスです。
私は、小花で一重咲きの、
楚々としたタイプのお花が好きですが、
このペチュニアは、花が大きくて、
おまけに八重咲きなのに、
花の色が優しいピンクで、
上品な感じなのでとってお気に入りです。
おまけに花の時期が長くて、
切り戻して育てれば、
霜が降りるまで楽しめるという優れものです。
昨年育てていただいたお客様からリクエストもあり、
そろそろ出てきますか?と、お問合せもいただいています。
今年もあります、株も締まって上出来です。
ソナタの白も素敵で、ウエーブが綺麗に出ますよ。
ハンギングにしても可愛いし、大鉢に単植も豪華です。




それぞれの3・11    2011年5月1日

震災で里センターが休館していたのですが、
開館されるようになり、本日から「里の市」も始まりました。
久し振りの出店は、ちょっと緊張もありますが、
色々な方とのお出会いの楽しさもあります。
今日は、私を待ち構えるようにMおじさまがいらっしゃって
荷運びを手伝って下さいました。
このつらい震災を味わった者同士。。。
互いに話したいことが山積み。。。
実家が亘理の方は、「根こそぎ何も無くなった」。。。
「墓石までなくなった。本当に何もない」。。。
「空港に車を止めて、長崎の結婚式に行っていて車を流された」。。。
また、市の職員の方の殉死のお話を聞いたり。。。
目と目が会うともうウルウルで。。。
でも、皆さん私のことも心配して下さって、
最後には「ハウス大丈夫だったの?」って。。。
本当に、心優しい、相手思いの方ばかりで、感謝、感謝です。
本当に宮城の人は心のアッタカイ、
人情味のある方ばかりだとつくづくおもいました。
少しづつ、震災から気持ちを切り替えていかないといけない、と思います。
でも、時間がたつにつれ知り合いで犠牲になられた方もいらっしゃたりして、
つらい気持ちが深まります。
それぞれの3・11、強い気持ちで乗り切ろう!
「出来ることを、出来る範囲で!」

我が家は、GWで息子が愛知県から帰っています。
飛行機も今は、羽田、伊丹、札幌、名古屋が飛んでいるようで、
飛行機で帰ってきました。
高校まで、仙台で過ごしたので、仙台の惨状はショックだと思います。
また、私達家族のことも気遣って、大変微妙な立場でしょう。
まずは、はゆなの被害状況を確認し、
早速、片付け応援をしてくれました。
こういう時はやはり男手が必要で、大変助かりました。
慣れない仕事、おまけに花粉症もひどくて最悪のコンデションながら頑張っていました。
「仙台は疲れに来る様なもんだ!」って言いながらも、
「夕ご飯代は俺が出します!」なんて、大人になったね。
たくましくなったね。
面と向かっては言えないけれど、「あ・り・が・と・う」




カレンダ
5月 2011
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031EC



月刊アーカイブ
  • 2014年6月
  • 2014年2月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月