Mちゃん日記

はゆな花壇とお客様とのふれあいの中から感じたことの記録です。

菊花展    2011年10月30日

2011-10 059

秋保里センターで、「後の雛と里の菊花展」をやってます。
恒例の菊花展+古代雛が飾られて、
雅楽のバックミュージックも流れていて
落ち着いた雰囲気でいい感じです。
素晴らしく仕立て育てられた菊に魅了されました。

私の実家でも昔このような菊を育てていました。
町の文化祭では菊の展示品評会がありました。
公民館の入口には素晴らしく仕立てられた菊が飾られていて賞も付けられていました。
毎年、賞を取るのは、N山さんというおじさんでした。
私は、見た目はちょっと恐そうで、綺麗な菊の花とは似つかわしくないこのおじさんが、
このように素晴らしい作品を作られることに驚いていましたが、
綺麗な菊の花のように、優しい人なのだろうな~と、思っていました。
母は、お花が大好きで、好奇心もある人なので、
時流にのって菊作りを始めたものの、なかなか上手くいかなかったようです。
ただ、台風が接近すると、とにかく一番に、菊を家に取り込まなければなりません。
父と母は、あたふたと大きな鉢を移動していました。
私にとって、見事に綺麗に仕立てられた菊は、N山さんの菊で、
実家の菊は、花の綺麗さより、
台風の時一番大切に保護されていた物のイメージです。
でもね、こんなに大切に育てられた菊は、
たとえ美人さんじゃなくても幸せ者だったんじゃないでしょうか!




植物の声を聴きながら。。。    2011年10月29日

朝晩冷え込むようになり、日も短くなり、一歩一歩冬が近づいています。
日暮れが早いので、何だか一日中バタバタと、あせって仕事をしています。
冬が来る前にやらなければならないことが山積み!
毎日、コツコツ真面目にやっていますよ~
ハウスの冬支度、春苗の播種、挿し芽。。。
そして、植物達の声を聴きながら、スペーシングや、手入れ、施肥。。。
ちゃんと手を掛けてあげれば、ちゃんと答えてくれる正直な植物達です。
そんな植物達に私達が育てられているようです。
頑張れ~ってね。




ダブル出店    2011年10月23日

2011-10 052

今日は私は「まつりだ秋保」に出店しました。
オーナーは「生出市民センター祭り」に出ました。
予報よりお天気が良くて、本当に良かったです。
スタッフや関係者は、「おはようございます。」のあと、
みんな「お天気良くて、良かったね~。」って。
イベントは何といっても、お天気が一番!
最高の神様からのプレゼントです。
このお祭りも、18回目だそうですが、
はゆなも、16回出店させていただいています。
元来内気な私は、最初お客様から質問されたり会話することが恐くて、ビクビクしていましたが、
今では、結構慣れてきました。
今では、お客様から声を掛けていただくことがすごく嬉しいですし、
自分で言うのもなんですが、顔も知っていただくようになりました。
こういう繋がりで、私達は支えられてきたのだと思うと、本当にありがたいです。
地域の皆様には感謝です。

ステージでは、盛りだくさんの演技、演奏が行われていました。
上の写真はユネスコ無形文化財遺産にも登録された「長袋の田植え踊」です。
伝統芸能をしっかりと引き継いでいる子ども達は立派です。2011-10 053

出店もいろいろありました。
スーパーボールすくい、金魚すくい、ヨーヨー吊。。。
ちょっと懐かしく感じました。
秋の休日は行楽や各地でイベントがあり、
お客様の奪い合いになりますが、
やっぱり自分の関係している所に多く来て頂きたい物です。
マンネリすることなく魅力的な催しであることはとても大切なことです。
出店する私達も、同じ物を販売するにしても、
やはり、ちゃんと世の中の動きを勉強し、
お客様に納得していただける良いものを提供することが大切だと感じます。
やはり商品知識はもちろんのこと、すべてにおいて勉強ですね。




天然へちま化粧水    2011年10月22日

2011-10 051

グリーンサポータークラブの「Oさん」より、
「天然へちま化粧水」いただきました。
私は自然が一番、と思っていますし、自然の物が大好きです。
だからこの化粧水すごく嬉しいです(感謝)
お友達いっぱい、交友関係のとっても広い方なので、
私にまでいただいて良いのかしら?って思っています。
この「天然へちま化粧水」は自然の香り、緑の風の匂いがします。
青葉山の風を感じながら、大切に大切に使わせていただきます。
本当に、毎年ありがとうございます。




映画「ツレがうつになりまして。」    2011年10月20日

「ツレがうつになりまして。」観ました。
レイトショーです(大汗)
ツレ(お父ちゃん)と観ました。
うつ病になった夫との二人三脚の闘病体験を描いた
漫画家さんのコミックエッセーの映画化です。
重いテーマのため映画化実現まで4年の歳月がかかったそうです。

人の心って本当に不思議です。
人の心って本当に大切だと、つくづく感じます。
漫画家の妻「ハル」が、
「ツレがうつになった原因を考えるのではなく、その意味を考える」と言います。
二人はさまざまな変化を受け入れながら、進んで行き夫婦の絆を強めていきます。
いい映画でした。




視察のお客様    2011年10月19日

2011-10 034

今日は、市場関係の視察のお客様がありました。
20人ぐらいお出でになりました。
お蔭様で大掃除ができました(大汗)
なかなかこういうことでもないと、掃除ができません。
建設工事中のコミニュケーションルームもなんとか形にして、
入っていただけるようにしました。
今日のお客様達は同業ですし、なお緊張します。
しっかり質問もされていました。
本当に良い刺激!勉強になりますね。
2011-10 035
白いラティスの中がちょっとお部屋になっていて、
オーナーがお話しています。
後2ヶ所まわられるそうです。
毎年今頃の時期は視察のお客様がお見えになっています。
年末前の大掃除ができて歓迎です。

2011-10 036
明日のハンギングバスケット講習会用に
準備したビオラちゃん達です。
可愛く整列して、出番を待っているかのようです。
優しいはゆなカラーです。
ハンギングバスケットにして飾られて、
さらにたくさんの方々の目を楽しませてくださいね。




ひまわり畑    

2011-10 033

秋保温泉の入口付近にある「ひまわり畑」です。
今、満開ですごく美しいです。
毎日、「綺麗だな~」って通り過ぎているのですが、
今日はちょっと止まって「パチリ!」
寒い朝でしたが、シャイン!シャイン!
輝いています。
毎年、遅蒔きでやってて、丈も短くて可愛いです。
今年もすごく美しく育っています。
どうか霜が降りないで。。。
皆をもっと、もっと楽しませてください(祈り)




至福の時間    2011年10月16日

私にとって一番幸せなひとときは、朝刊に目を通す時です。
家族が起きてくる前に、お仏壇にお水とお茶をお供えし、
次に自分のお茶を入れ、一服いただきながら、新聞を読む。。。
最高に幸せな時間です。

そんな私の習慣を、知ってか知らずか(?)
9月に出張で仙台に来た息子がこんな本置いていってくれました。
2011-10 032「6枚の壁新聞」
石巻日日新聞・東日本大震災後7日間の記録、です。
震災から6ヶ月のTV番組で、放映されていて
大変感銘を受けたそうです。
「お母さん絶対こういうの好きだと思って。。。」って言って。
河北新報は、震災当日の夕刊も配達されていましたし、
翌日の朝刊も配達されていたことに感動しました。
今でも、
震災から1ヶ月くらいの新聞は資源回収に出せないでいます。
この新聞を作るのに、どれだけのたくさんの方々の努力があったかと考えると、
どうしても捨てられず、宝物のように奉りたくなるのです。

石巻は、今回の震災において、最大の被災地です。
その地で、人の心に届く報道とは何なのか!
考えながら奮闘努力された記者たちの記録です。
全社員の名刺には、「愛する地球を未来の笑顔につなげます」
という、キャッチコピーが記されているそうです。
伝える使命を全うした記者さん達に感動しました。

夏場は、5時前に心地よい目覚めを感じ、自然に早起きができていましたが、
朝晩冷え込むようになって、なかなかお布団から出られない私(涙)
5時前に起きないと、朝はやることがいっぱいで、
私の至福のひとときは必然的に「カット」(大泣)
これからも「早寝早起」を心掛け、至福のひととき大切にしたいものです。




錦織健テノール・リサイタル    2011年10月10日

2011-10 027

錦織健テノール・リサイタルに行ってきました。
東北大学川内萩ホールでありました。
オペラの曲も勿論たくさん歌って下さいましたが、
日本の曲もすごく良かったです。
「この道」「荒城の月」「花」「島唄」「からたちの花」。。。
「からたちの花」すごく良かったです。
錦織さんの歌声は、
からたちの花が特上の真っ白、純白になります。
素敵です(うっとり~)
トークもとっても楽しくて、お上手です。
松潤(嵐のメンバーのです)に似てる~と思いました(遠かったから?)
震災を考えてのプログラムでもありますでしょうが、
とっても心のあったかい方、ハートが伝わってきました。
いろいろな物を見て、聴いて、感じる心をいつまでも持ち、
そういう機会を作っていきたいと思います。

今日の朝一番のお仕事は、
知り合いのお孫さんの発表会(バレー)のお祝いの寄せ鉢作りでした。
2011-10 026

ご本人はもとより、お母さん、お父さんもさぞや緊張なさっていたことと思います。
私も子ども達の発表会、学芸会などドッキドキでした。
特に、少年野球をしていた息子が
初バッターボックスに立った時の緊張ったら。。。
心臓の鼓動で、体が揺れてる本人を見て、
私まで心臓が飛び出すのではないかと思うくらいブルブル震えていました。
今から考えると懐かしく、こんな緊張感が愛おしいぐらいです。
小さな芸術家さん達は、ひとつひとつ経験を重ね大きくなっていかれるのでしょう。

リサイタルの後は、JA仙台の直売所「たなばたけ」を見にいきました。
10/8にオープンしたばかりです。
はゆなにも出荷要請がきています。
協力したいのはやまやまなのですが、片道1時間以上かかるので断念せざるをえません。
JAの特徴を出した、新鮮なお野菜、産直品でいっぱいの売り場になってほしいと思います。




秋晴れ・心落ち着くところ    2011年10月9日

2011-10 012

連休はお天気に恵まれ、
みちのくYOSAKOIまつりをはじめ
各地でいろいろなイベントが行われています。
私が毎日曜日出店している秋保里センターも
たくさんのお客様で賑わっていました。
今日は、100食限定100円芋煮の振る舞いもありました。
秋晴れの空の下での芋煮は最高ですね。
ここ里センターは、とても心落ち着くところで、
リピーターの方が多いです。
また、小さいお子様連れの方も多いです。
そんな方々を見ているととても癒されます。
今日は、AUTUMNコンサートということで、
仙台フィルのメンバーによる、弦楽四重奏もありました。
無料で聴けるということもあり、開場前に行列ができていました。
食欲、食欲、食欲、ちょっと読書、食欲、食欲、食欲の秋の私ですが、
会場から聞こえるかすかなクラシックの音色に、ちょっと芸術の秋を感じました。
心落ち着く時間をありがとうございました。




カレンダ
10月 2011
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31EC



月刊アーカイブ
  • 2014年6月
  • 2014年2月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月